Img_3bcc861c34eaac400399d8a7f0cc6fa7be4723c7
電車の中、ベビーカーに乗った女の子が
両手広げてようやく持てる大きさの花火パックを持っていました。
お出かけした先で、夜遊ぶのが楽しみなのか
パックを眺めて、書いてあることを読もうとしたり
動物の絵を見て名前を言ったり楽しそうな声が聞こえてました。
しばらくした後
ぱさっと音がしたので目を向けると、花火パックが私の方へ落ちてました。
お母さんはベビーカーの向こう側で
側にいたお父さんは荷物が多そうだったので
私が拾って女の子に渡しました。
すると
「す〜み〜ま〜せ〜ん〜」
と、可愛い声で一本調子で言ってくれました。
覚えたてかな?
「ありがとう」ではなく、思いがけない「すみません」に
お父さんや周りのお客さんも思わず微笑んだのでした。