Img_fb48942cb1885ed7144d0f0c4322214781dc04ee
Img_c9909c2bf5a5e36c1775a4faeaea1fb6c1f1b864
Img_aa831efe29e2acf9035e8f73373dd2137205a779
茨木市のムージャンさん (Click!) にて、
うちわを販売していただくことになりました。
気になってたけど、見れなかったーという方は
是非、手に取って
とても良い風がおこる房州うちわをあおいでみてください。
私のデザインを見てもらいたいのはもちろんですが
うちわを仕立ててくださった『うちわの太田屋』さんの竹細工の技も必見です。素敵なのです。

うちわ展からのニューアイテム、
キンプウ(お札を折らずに入れられる熨斗袋です)も並んでいます。
出産祝いや、お餞別にお車代、お礼やお菓子代など
ご祝儀袋は大層だし、でも封筒じゃあ貧相だしという時に
気軽に使ってもらいたくて作りました。
Img_e8f06c95a435a466ec94dca4939e0ce1b41fe519
水羊羹が桜の葉でくるまれているのは
京都だけなのでしょうか?
桜餅の味がします。
ビニールの葉っぱでくるまれている水羊羹の葉っぱは
どうみても笹の葉に似てるんですよね。

あ、ちょっと今、一瞬の夕立。
Img_80a33523151253b6686a429ebf08762c5aa5e0b4
基本的に、ボーダーのTシャツを着たら、下は無地、
柄物スカートを履けば上は無地かワンポイント、
と安全なコーディネートをしがちな私ですが
暑さのあまりなんとなく組合わさった上下が
妙にしっくり来ました。
かなり派手なエスニック柄のスカートにボーダーのトップス。
これはもしや、オシャレ上級者だけに許されている憧れの柄on柄?!
間違っていない様な気がするな〜とこっそり部屋着として楽しんでいた今日この頃。
その姿を見た友人が「柄on柄やん!」と、反応しました。
どうやら、彼女から見ても間違っていない様子。
いやあ、奇跡だわ。
Img_1fc22615ce3d221e69938dbbe86fe046cf826bfe
Img_7d181e712bf707564916c30762979e71b2956fb0
去年描いた『クリームソーダの森』のイラストを
gattaverdeさんにクリスタルコラージュしてもらいました。
イラストの上から四角や棒状のガラスをペタペタ貼っていくのです。
決まった大きさのパーツを貼るので細かい表現は出来ないのかな?と想像していたのですが
アイス部分のグラデーションとか良い感じになっていて気に入りました。
ソーダの泡をパールのモチーフで表現されているのも可愛かったです。
もう、締め切られているかもしれませんが
私の絵を使っての教室を催されています。
 (Click!) 
気になる方はぜひ体験してみてください。

クリスタルコラージュとは日本で唯一『地球瓶』を作られている
ハルナグラスさんが始められた色付ガラスをコラージュするアートです。
『地球瓶』、気になる名前ですよね。
目にしたことがある人が多いと思いますが、こんな名前だったとは知らなかったです。
素敵な名前で欲しくなってしまいました。
どんなものかはまた日記で描きたいと思います。

Img_dbd80146e5b3b9530e7074a1d4a58f8960e1db64
猛暑ふたたびの京都での用事で日中ウロウロしたので
今年初のかき氷を食べました。
氷がふわふわで美味しかった。
3つちょこんと蜜の上に飾られている白玉はブローチのようでした。
Img_24f9faa7352fff007ca7a3e1a83867973f7592eb
夏休みらしい企画の虫の写真の展覧会に行ってきました。
実際出会うと悲鳴を上げてしまう虫も多いのですが
写真や図鑑、模型を見るのはかなり好きです。
カラフルで不思議な姿形を見るだけでも楽しいし、
シンプルな生態にとても惹かれます。
フンコロガシは上手に象などほ乳類の糞を丸めてその中に卵を産んだりします。
それはとてもとてもきれいな丸です。
よほど器用な人間でないと、フンコロガシの方がきれいに丸めることでしょう。
そんなふうに、役割や技術が明確であるのが凄いなあと
虫に感心し、惹かれてしまうのです。
フンコロガシの中でも丸めることが苦手な子もいるのかな。
丸めなくても丸い物拾って来たらいいんちゃうん?(虫の関西弁って似合わないなあ)
と、思い始めたら進化の始まりでしょうか?